手縫い作業で感じること

1本入れペンケース 工程 photo1


同一製品の製作では、”裁断”、”のり付け”、”縫い合わせ”、”磨き”など同一工程を一度に行う方が効率が良いと思われがちですが、手縫いによる縫製だとそうでもありません。写真は1本入れペンケース シェルターの製作過程ですが、手縫い箇所が少ないものなのでさほど気になりませんが、手縫い箇所が多い製品だとどうしても、同じ動作を繰り返す手縫いは疲労により縫いスピードが落ち、効率が悪くなってしまいます。

また、流れ作業にはない、一製品を完成させてから次の製品へと移る作業工程は達成感も加わり、モチベーションも上がるような気がします。。

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。